これでもう間違えない!探偵・警察の違いはコレだ

警察に出来る事・出来ない事

刑事事件のスペシャリスト

警察と言えば刑事事件の捜査を行う権限があり、刑事事件のスペシャリストです。探偵には出来なくても、警察ではほとんど出来ると言う事が出来るので事件が発生したらまずは警察へ!と考える方も多くいます。
警察の最大の特権は捜査を行い、状況によって強制処分を行えると言う点です。強制処分と言うのは一般的に言うと逮捕権で、犯罪の可能性や証拠を確保する為に、差し押さえや家宅捜査などを行えるのも警察のみです。
探偵は逮捕権が無いので、家宅捜査を行うと探偵側が違法と見なされて処分を受けるケースもあります。
すぐに刑事事件だと判断出来なくても、犯罪や事件性のあるケースに関しては、探偵ではなく迷わず警察へ依頼する事をおすすめします。

事件性が無いと動けない

一見探偵よりも警察の方が様々な権限を持っているので、探偵に依頼する意味が無いと思っていませんか?確かに警察は市民を守る、国が雇っている公務員ですが事件性の無い事や刑事事件に関連しない事は、捜査出来ません。
犯罪に巻き込まれそうだけど、まだ証拠が不十分で不穏な空気が流れているだけ。この場合に警察に相談しても、パトロールを増やすくらいで決定的な調査は出来ません。
探偵の場合は依頼があれば例え事件性が無くても、調査が出来るのでケースに寄っては警察に相談したけれど、何もしてくれなかったと言う事もあります。とは言っても全ての依頼に応えていては、本当に重大な事件が起きた時に対処が出来ない為、苦肉の策とも言えます。



ページ
先頭へ